旅行と事故の対策

事故を考慮して旅行計画を

旅行先での事故はまず警察に連絡

楽しい旅行先でのアクシデントとして事故が発生した場合には必ず警察の介入を必要として置く事が望ましいと言えます。勿論地元でのトラブルでも介入を必要としますが、その後に旅行先を離れる場合には必ず後々のトラブルを防ぐために届けをして置く事。担当してくれる刑事さんの氏名や連絡先等の細かい情報を記載して置く事は必然です。帰宅してからの対応で困った時にその担当刑事さんに連絡が可能になるからです。決して一人で対応せずに刑事さんなどの介入で処理をしてもらう事が必要になります。当事者同士の対応は言った・言わなかった等の水掛け論になり後々の揉め事の引き金になってしまうからです。

事故の可能性を考えて計画する

鉄道や高速道路は安全な交通手段です。しかし、ごく稀に事故が発生し、通行止めになったり、ダイヤが乱れたりします。旅行の移動手段としても、よく選ばれる鉄道や高速道路ですが、計画する際は少し余裕を持たせたスケジュールを組みましょう。一分でも遅れると、次の予定が乱れていく、そんなギリギリのスケジュールでは万が一旅行中に不慮の事故に見舞われた時、全ての計画が台無しになります。また電車が何かしらの要因でストップした際は、柔軟に頭を働かせましょう。バスやタクシーなど、別の移動手段で目的地に向かえば、スケジュールに響きません。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 旅行中の事故に備える方法 All rights reserved